- 一般社団法人 廃棄物資源循環学会 - http://jsmcwm.or.jp -

鳥取環境大学特別企画シンポジウム「低炭素社会の実現へ向けて」のおしらせ

鳥取環境大学特別企画シンポジウム 「低炭素社会の実現へ向けて」~廃棄物処理と余熱利用~

廃棄物処理の目的は、生活環境の保全、公衆衛生の向上であり、それに不可欠な施設が焼却施設です。焼却施設は、衛生的処理という役割だけでなく、減容効果が高く埋立処分場の確保という問題を緩和してくれます。今回のシンポジウムは、売電による収益のみならず地域暖房など廃棄物焼却による余熱を最大限活用して、高付加価値を持った焼却施設にすることで、地元住民から喜ばれる施設にしていくためにはどうしたら良いのか、皆さんと一緒に考えます。ぜひこの機会にご参加ください。

■主 催: 鳥取環境大学、㈱廃棄物工学研究所

■協 賛: (一財)日本環境衛生センター、(公財)日本産業廃棄物処理振興センター、(公財)廃棄物・3R財団、
(公財)産業廃棄物処理事業振興財団、(一社)プラスチック循環利用協会

■日  時:【大阪会場】 平成26年11月14日(金) 13:30~16:30
【東京会場】 平成26年11月21日(金) 13:30~16:30

■場 所 :【大阪会場】 御堂会館第一展示室  (大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-11)
【東京会場】 主婦会館プラザエフ カトレア  (東京都千代田区六番町15)

■定 員: 各会場とも100名(座席の都合上、定員になり次第締め切りさせていただきます。)

詳細についてはこちらをご覧下さい→ http://www.kankyo-u.ac.jp/research/sri/results/symposiums/shedule/20141114/ [1]