- 一般社団法人 廃棄物資源循環学会 - http://jsmcwm.or.jp -

日本LCA 学会Circular Economy 研究会、MRS-J サステイナビリティ研究会、エコマテリアルフォーラム、廃棄物資源循環学会 共同企画セミナー「3Rと資源効率、Circular Economyについて」

趣 旨

日本からの環境政策として2000年に定めた循環基本法にもとづく3R政策は、アジア太平洋諸国をはじめ、世界各国で広く認知されてきました。一方、欧州を中心に資源効率や循環経済への政策展開が見られるようになっています。2016年に日本で開催されるG7サミットや環境大臣会合では、気候変動やエネルギー対策とともに3Rと資源効率性を進展させるための次の一手が議論される予定です。また、2015 年12 月2 日に欧州委員会はCircular Economy Strategy : closing the loop – An EU action plan for the Circular Economy と題するCircular Economy に関するアクションプランを発表しました。これは単にこれまで議論されてきたリサイクルベースの循環型社会をつくろうというのではなく、循環をもとにした社会システムに付加価値を生み出させ経済活性を図ろうとする新しい挑戦だとみることができます。それは、欧州域における埋立処分の禁止やリサイクル率の向上、エコデザイン製品の推奨を目指すだけでなく、世界的にもグリーン調達の進め方、リサイクルの在り方やエコデザインの転換などにもかかわる問題です。
この関係の現状から今後を視通すための知見の集積から、将来の展望と当面の取り組みに関する講演と議論を行うセミナーを企画しましたので、奮ってご参加ください。

主 催

日本LCA学会Circular Economy 研究会、MRS-J サステイナビリティ研究会、エコマテリアルフォーラム、一般社団法人廃棄物資源循環学会

日 時

2015年5月26日(木)10:00~17:00(受付開始9:30)

会 場

川崎市産業振興会館 [1](川崎市幸区堀川町66-20)1階ホール
※JR川崎駅・西口改札出口より徒歩8分、京急川崎駅より徒歩7分

定 員

200名 《事前振込制》

参加費

(事前申込):5月21日(土)までに参加費を納入された方
10,000円(各学会会員の方)、15,000円(非会員の方)

(当日受付):後日請求書払いとなります。
12,000円(各学会会員の方)、17,000円(非会員の方)

※意見交換会は無料です。

申込方法

WEB申し込み ※各学会の会員は以下のWebからお申込下さい。

・日本LCA 学会Circular Economy 研究会、MRS-J サステイナビリティ研究会、エコマテリアルフォーラムの会員の方:

サステイナビリティ技術設計機構のHPからお申込ください。お申し込みはこちらhttp://susdi.org/wp/event/reg/ [2]

・一般社団法人廃棄物資源循環学会/非会員の方:

インターネットによる事前参加申し込みは締め切りました。

当日参加希望の方はセミナー当日、受付にお越し下さい。

キャンセルされる方は前日までにご連絡ください。→jimu●jsmcwm.or.jp (●を@に変えて送信ください)

プログラム

(敬称略)※プログラムは変更になる場合があります。

10:00~10: 05 開会の挨拶
(社団法人サステイナビリティ技術設計機構)原田幸明

10:05~10:35 (仮)3Rと資源効率に関する政策展開
(環境省廃棄物・リサイクル対策部企画課長)山本昌宏

10:35~11:05 資源効率・循環経済に関する動向と今後の政策展開
(経産省産業環境局リサイクル推進課長補佐) 梅田英幸

11:05~11:35 UNEP国際資源パネルの活動とG7への迅速評価報告
(東京大学教授)森口祐一

11:35~12:05 パリ協定が予言する循環型社会の未来像
(持続性推進機構理事長) 安井 至

12:05~13:00 昼食休憩

 

13:00~13:30 Circular Economyで世界のリサイクル・エコデザインはどう変わるか
(物質・材料研究機構特命研究員(元素戦略)) 原田幸明

13:30~14:00 RE/CE施策に関する欧州産業界等の意見
(㈱三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部) 新井理恵

14: 00~14: 30 技術の目で見たCircular Economy
(東北大学教授) 中村 崇

14: 30~15: 00 サステイナビリティとCircular Economy
(東京都市大学環境学部教授) 枝廣淳子

15: 00~15:10 休憩

 

15: 10~15: 40 3R展開における発生抑制と資源効率
(京都大学教授) 酒井伸一

15:40~17:00 パネルディスカッション
コーディネーターは酒井氏、パネラーは上記講演者

17:00~17:05 閉会の挨拶

 

17:10~19:00 懇親会
川崎市産業振興会館4階企画展示場

お問い合わせ

一般社団法人廃棄物資源循環学会事務局 TEL: 03-3769-5099

プログラムについて:hayata(a)jsmcwm.or.jp ((a)を@に変えて送信ください)

申込について:jimu(a)jsmcwm.or.jp ((a)を@に変えて送信ください)