Japan Society of Material Cycles and Waste Management アクセス English
循環とくらし
 

循環とくらし

ごみの一歩手前を考える

循環とくらし 廃棄物問題の解決、循環型社会の形成に向けて質の高い情報をわかりやすく社会に発信することを目指す冊子.それが『循環とくらし』です.

「ごみの一歩手前を考える」をコンセプトに、学会誌に掲載されている情報を踏まえて、わかりやすく編集しています。
その他、市民・NPOや企業・自治体の取り組みの紹介、さまざまな方の環境教育の実践事例、ごみやリサイクル、さらには温暖化防止など、循環型社会にかかわる多様な情報が掲載されています。

なお『C&G』のバックナンバーもこのページで紹介していますので、あわせてご活用ください。

『循環とくらし』創刊にあたって 学会からのメッセージ (PDF:564KB)

 

最新号  旅ゆかば ~自然との共生~

循環とくらし7号
『循環とくらし』第7号のテーマは「旅ゆかば ~自然との共生~」。

みなさんにとって、人生最高の旅って、どんな旅ですか?
今回の『循環とくらし』では、「自然」をテーマにした旅を取り上げています。現在は、「自然」にかかわる、さまざまな形態のツーリズムの動きが活発です。旅先となる保全地の暮らしに密着したエコツーリズムやジオツーリズムをはじめ、3R行動の観点から、環境負荷の低い旅々を紹介します。また、第2部では、旅先を中心としたごみの問題や対応策を紹介し、持続可能な観光の実現に向けて、国・自治体・地域住民・国内外の旅行者が一体となった3Rの取り組みを、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

そのほか、市民啓発施設の取り組み事例、活動レポート、今回は廃棄物資源循環学会研究発表会の市民展示で発表された循環生活研究所やフードバンク北九州ライフアゲインの紹介に加え、消費者市民部会の旅先のごみ箱写真も掲載しています。是非ご一読ください。

『循環とくらし』 第7号の目次はこちらをご覧ください。

印刷物のご購入はこちらをご覧下さい。『循環とくらし』の印刷物は500円(税込)です。

 

立ち読みコーナー

 中身を試し読みされたい方のために、『C&G』の一部の記事を閲覧できるようにしましたのでご覧下さい。

 

『循環とくらし』、『C&G』 バックナンバーの紹介

◆各号の表紙をクリックすると,その特集の概要と目次を見ることができます

循環とくらし 第7号

循環とくらし7号
特集テーマ:旅ゆかば ~自然との共生~
巻頭インタビュー
人生最高の旅  本田 亮
第1部 行ってみたい、参加してみたい「旅」
旅するこころ  橋本 俊哉
大地の美術館「小岩井農場」物語 小岩井農場の魅力をまるごと楽しく体感!  髙山 勉
グリーンツーリズムの魅力  宮崎 猛
ジオパークの鼓動 -変動する大地との共生-
ほか
第2部 観光地のごみ処理対策
気になる観光地のごみ事情 ~観光立国、人が来る! ごみも来る?~  副田 俊吾
環境経営のトップランナー 星野リゾートが次に目指すもの 花嶋 温子
川から海へのごみの旅 -京都・保津川の取り組み- 藤田 優子
マイクロプラスチックによる海洋汚染 -生態系への影響- 兼廣 春之
ほか
学会からの発信
旅先のごみ箱写真  中村 惠子

定価 500円(税込)

循環とくらし 第6号

循環とくらし6号
特集テーマ:化粧品とエコ ―キレイに生きる―
巻頭インタビュー
美容エコのススメ ~美しく生きたい あなたに~  齋藤 薫
第1部 エコでキレイ、そしてヘルシーなくらしをしたいあなたへ
ひとは、なぜ化粧をするのだろう  平松 隆円
化粧品の選択に必要な情報:成分としての化学物質  平井 祐介
もう一つの3R  田中 憲穂
ほか
第2部 くらしの中の化学製品や薬品の3Rを考える
使いかけの化粧品はどのように捨てていますか ~捨て方と適正処理~  川嵜 幹生
私たちが日常使用する化粧品成分はどこへ行きつくの??  亀田 豊
要らなくなったコスメのリサイクル活動報告 ~化粧品・薬品等の廃棄物に対する市民の意識 アンケート調査を踏まえて~ 坂口 翠
ほか
第25回研究発表会
市民展示コーナーで未来の科学者を発見!  奥田 哲士

定価 500円(税込)

循環とくらし 第5号

循環とくらし5号
特集テーマ:ケータイで変わったくらし ~ネット世代の環境
巻頭インタビュー
共生の知恵 -ケータイ・ネット世代の「知のありよう」-  内田 樹
第1部 ケータイで変わったくらし・・・これから「くらし」はどこへ行く?
ビッグデータはブラックホール!?  西垣 通
ケータイ世界からスマホ世界への子どもたち  藤川 大祐 ほか
第2部 ケータイは環境にいいの?悪いの?
携帯電話の環境背後霊  山末 英嗣
もったいないイノチ ~ケータイと退蔵~  村上 進亮
ほか
環境共育
五感で体験。環境教育  矢野 順也
ほか

定価 500円(税込)

循環とくらし 第4号

循環とくらし4号
特集テーマ:おもちゃ ~エコのめばえ
巻頭インタビュー
「モノ」には物語がある 北原 照久
第1部 「おもちゃ」と人とのかかわり
おもちゃの歴史  金井 正雄
ほか
第2部 おもちゃと3R
その「おもちゃ」を買う前に・・・おもちゃの3Rを考える  岡山 朋子・山川 肇
「かえっこ」~遊びの中で育まれる、リユースのこころ~  伊藤 真理
ほか
市民啓発施設の情報交換
市民から市民へ伝え学び合う ごみ減量・リサイクルの拠点活動  石塚 祐江
ほか

定価 500円(税込)

循環とくらし 第3号

循環とくらし3号
特集テーマ:循環型社会への追い風『自転車』
巻頭インタビュー
サスティナブルなサイクルライフ 疋田 智
第1部 自転車をめぐる人と街
日本と世界の自転車まちづくりの状況  古倉 宗治
ほか
第2部 3Rと放置自転車
市民にひろがる電動アシスト自転車  太田 志乃
進化する自転車レンタル・シェアリング事業  中井 八千代
ほか
市民啓発施設の情報交換
環境パートナーシップいわて  渡邊 彰子
ほか

定価 500円(税込)

 循環とくらし 第2号

循環とくらし2号
特集テーマ:ファッションと循環
巻頭インタビュー
ファッションと環境の共生を目指して 大内順子
第1部 おしゃれって何だろう?
パリ・リサイクルモード  鈴木春恵
繊維製品の知られざる環境負荷  高月 紘
ほか
第2部 使わなくなった衣類、どうしてますか?
使わなくなった衣類を大調査!   岡山朋子
ほか
市民啓発施設の情報交換
富士見橋エコー広場館(東京都北区)  中井八千代
ほか

定価 500円(税込)

循環とくらし 第1号

循環とくらし1号
特集テーマ:住環境とごみ
巻頭インタビュー
300年住み続けるライフスタイルと仕組み ―福島県南会津郡下郷町大内宿の事例―  (レポーター)中村 恵子
第1部 住環境とごみ・持続可能な住まいとは?
木造住宅と森林資源を見直す  岡山朋子
200年住宅 ―その普及促進に向けた取り組み―  橋本征二
ほか
第2部 住宅・建築物・インフラが壊されたとき
200億トンの見えないごみ   桑垣 豊
ほか
実践レポート
世界が注目する日本の古民家 ―古民家を通した次世代への贈りもの―  成相 脩
ほか

定価 500円(税込)

C&G

 

世界のごみ事情

『循環とくらし』・『C&G』では、これまで、世界のごみ事情に関するさまざまトピックを取り上げてきました。これらの記事タイトルをまとめて一覧できるよう「世界のごみ事情」のページにリストアップしました。

このページでは、各国の廃棄物・リサイクルに関する諸制度、世界のごみ量などに関するインターネット上の情報源についても紹介しています。

ページの先頭に戻る