Japan Society of Material Cycles and Waste Management アクセス English
0100番台「再生製品の環境安全性評価試験」趣旨説明

0100番台「再生製品の環境安全性評価試験」趣旨説明

廃棄物資源循環学会試験規格シリーズ案 0100番台「再生製品の環境安全性評価試験」について

規格シリーズ案は、主に建設資材として利用される再生製品の環境安全性を詳細に評価することを目的として、平成17年度から、当時の廃棄物学会廃棄物試験・検査法研究部会(当時:貴田晶子部会長)、ならびに 廃棄物科学研究費研究グループ(代表:大迫政浩、平成17年度から19年度の3年間実施)によって開発されたものです。

精度評価を終え正式規格になりうるもの(原案)から、まだ私案段階にとどまっているものまで、完成度には幅があり、これらの試験方法を完成させることが、われわれの使命と認識しております。そこで、これらの試験を必要とする皆さまに実際に試験を実施していただき、課題点をご指摘いただくことで、試験規格として完成度を高めたいと考えた次第です。

このような趣旨から、当研究部会ホームページにて本規格シリーズ案を公開し、広く意見をいただくことといたしました。循環型社会の実現に向けて、再生製品の安全な利用は必須です。そのための共通ツールとして活用されるよう、忌憚ないご意見をお寄せいただければ幸いです。

 

2009年4月1日

一般社団法人廃棄物資源循環学会 廃棄物試験・検査法研究部会

ページの先頭に戻る