Japan Society of Material Cycles and Waste Management アクセス English
部会企画セッション@2011年度秋季研究発表会

部会企画セッション@2011年度秋季研究発表会

テーマ:
POPs規制の動きとそのフロー制御に向けて
日時:
2011年11月4日(金)10:45-12:15
会場:
第3会場(東洋大学白山第二キャンパス、廃棄物資源循環学会研究発表会)
最寄り駅:
都営地下鉄三田線「白山」駅A1出口から徒歩6分
東京メトロ南北線「本駒込」駅1番出口から徒歩12分
会場案内URL:
http://jsmcwm.or.jp/taikai2011/venue.html
趣旨:
2009年に開催されたストックホルム条約第4回締約国会合では、新規の非意図的な残留性有機汚染物質(POPs)としてペンタクロロベンゼン(PeCB)が追加された他、新規POPsとしては、ポリ臭素化ジフェニルエーテル(PBDEs)やペルフルオロ(オクタン-1-スルホン酸)(PFOS)等が追加されています。家電リサイクルといったリサイクル過程とPBDEsとの関係は深く、家電リサイクルへの取り組みが集中するアジアの一部の地域おいては、家電に含まれる臭素系難燃剤による人の健康及び環境へのリスクが懸念されています。本企画セッションでは,POPs規制に関する最近の動きとそのフロー制御に向けたテーマを取り上げ、議論を進めます。

プログラム:

  1. POPS条約と国内行動計画について(環境省大気課 苔口 課長補佐)
  2. BFRの影響と制御について(国立環境研究所 滝上 室長)
  3. 非意図的POPsの排出動態とツールキット(京都大学 平井 准教授)
  4. 新規POPs関係の分析化学的課題(島津テクノリサーチ 高菅 本部長)
  5. 質疑と総合討論(司会:京都大学 酒井 教授、平井 准教授)

ページの先頭に戻る