Japan Society of Material Cycles and Waste Management アクセス English
平成20年度

平成20年度

平成20年度全国環境研協議会廃棄物小委員会研究発表会(廃棄物学会研究発表会併設)

日時:平成20年11月21日(金) 13:00-16:30

会場:芝蘭会館 別館(研修室)

主催:全国環境研協議会 廃棄物小委員会

共催:廃棄物試験・検査法研究部会

プログラム: 

   委員長挨拶 全国環境研協議会廃棄物小委員会委員長  

            野田 修一郎(大分県衛生環境研究センター所長) 

   第1部 全国環境研協議会廃棄物研究発表会 (13:05-14:05)

            座長:門木秀幸(鳥取県衛生環境研究所)

   (1) 産業廃棄物の山に起因する生活環境保全上の支障とその除去事例  

            倉田泰人(埼玉県環境科学国際センター) 

   (2) 廃プラスチック類を埋め立てた最終処分場の安定化指標について  

            福井 博(神奈川県環境科学センター) 

   (3) 最終処分場における硫化水素ガス発生対策に関する研究  

            坂本陵治(長崎県環境保健研究センター)

   休憩 (14:05-14:15)

            座長:倉田泰人(埼玉県環境科学国際センター)

   (4) 廃石膏ボード再利用促進のためのアスベスト含有率の簡易判定手法について  

            大原俊彦(広島県立総合技術研究所) 

   (5) カートリッジ式ボルタンメトリー法による廃棄物再生材の溶出試験の簡易分析  

            門木秀幸(鳥取県衛生環境研究所)

   休憩 (14:55-15:10)  

   第2部 廃棄物学会廃棄物試験・検査法部会 (15:10-16:30)

   (6) 講演:現場の抱える廃棄物問題と地環研の役割  

            小野雄策(埼玉県環境科学国際センター) 

   (7) 廃棄物学会試験・検査法部会における活動紹介(再生材安全評価試験及びアスベスト分析等)  

            貴田晶子・肴倉宏史(独立行政法人国立環境研究所)

   (8) 情報交換会「地環研と廃棄物学会との連携に向けて」

            司会:門木秀幸(鳥取県衛生環境研究所) 

   閉会 (16:30)
 

第19回廃棄物学会研究発表会

廃棄物試験・検査法研究部会小集会「廃棄物の評価・試験方法の最新情報と現状の課題について」

   平成20年11月21日(金) 9:30-11:30 第7会場

趣旨:

現在、試験検査法部会では、「再生製品環境安全性試験方法」、「アスベスト廃棄物処理に係る評価試験方法」など、いくつかの試験方法の学会規格化を検討しています。今回は、これら検討中の試験方法についての最新の情報を紹介します。また、最近の試験方法の話題として、不溶化処理した重金属汚染土壌に対する安定性評価についての情報を提供します。これら最新の情報とあわせて、従来より実施されている現行の廃棄物の評価・試験方法の現状について紹介し、現状と課題について参加者との議論を予定しています。

演題および講演者:

   1.再生製品環境安全性試験の学会規格化について  

            肴倉宏史(独立行政法人国立環境研究所)     

   2.アスベスト廃棄物処理に係る評価試験方法の学会規格化について  

            山本貴士(独立行政法人国立環境研究所)

   3.重金属等不溶化処理土壌のpH変化に対する安定性の相対的評価方法について  

            橋本正憲(社団法人土壌環境センター)

   4.廃棄物の評価・試験方法の現状と課題  

            豊口敏之(株式会社環境管理センター)

資料:資料はこちら
 

平成20年度廃棄物学会研究討論会

廃棄物試験・検査法研究部会企画「アスベスト廃棄物処理に係る光学顕微鏡と電子顕微鏡の測定法の共通化について」

   平成20年6月11日(水) 10:00-12:00 202会場 

演題および講演者:

   1.アスベスト含有廃棄物の処理における試験法の問題点  

            貴田晶子(独立行政法人国立環境研究所)                                                                                              
   2.透過型電子顕微鏡法(TEM)  

            山本貴士(独立行政法人国立環境研究所)  

   3.分析走査型電子顕微鏡法(SEM-EDS)によるアスベスト分析  

            豊口敏之(株式会社環境管理センター)

   4.光学顕微鏡法によるアスベスト分析の現状と課題  

            小坂 浩(元兵庫県立健康環境科学研究センター)

   5.X線回折法による微量アスベスト測定の現状と問題点  

            岸 證(株式会社リガク)

 資料:資料はこちら
 

ページの先頭に戻る